パワハラ 労基署 / 星野法律事務所

星野法律事務所 > 労務対応に関するキーワード > パワハラ 労基署

パワハラ 労基署

  • 就業規則や規定に関する労務

    作成した就業規則は、労働組合や労働者代表の意見を記載した書面を添付して労基署に届け出る必要があります。その上で、掲示や備え付けや書面の交付などの方法で従業員に周知しなければなりません。届出と周知を完了させた段階で、初めて就業規則は有効となります。 ⬛︎就業規則の内容就業規則は、その事業場における労働条件の最低基準...

  • 残業代に関する労務

    法律は労働時間の上限を、週40時間かつ一日8時間までと定めており、この制限を超えて、従業員を拘束する場合は、事業場(オフィスや工場など)における過半数の従業員を代表する労働組合や代表者との間で、いわゆる36協定を締結し労基署に届け出る必要があります。もちろん36協定を締結したからといって無制限に残業させられるわけ...

  • 労働災害

    労災が発生した場合で、従業員が労基署に申請し、労災認定を受けた場合は、療養費や休業補償、障害補償など、法律に従って必要な補償がなされます。先述したように使用者は、労災にあった従業員に補償をする義務を負いますが、ほとんどの場合、労災保険によって補償範囲は全てカバーされるため、労災が発生したとしても使用者が直接的に補...

星野法律事務所が提供する基礎知識KNOWLEDGE

  • 債権回収を弁護士に依...

    債権回収を弁護士に依頼すれば、豊富な知識と経験をもとに有利に交渉を進めることができ、早期の問題解決を...

  • 株主総会

    株主総会の対応は、企業の経営規模が大きくなるにつれて影響の大きい重要な案件となります。このページでは...

  • 契約書の重要性

    契約は、「申し込み」と「承諾」により成立する法律行為です。そして、通常の場合、口頭による「申し込み」...

  • 職場内のハラスメント...

    ■企業のハラスメントとはそもそも、企業におけるハラスメントとはどういった種類のものがあるでしょうか。...

  • 経営改善計画(事業再...

    経営改善計画とは、その名の通り会社の「経営」を改善するために作る計画のことです。無理せず効率的な計画...

  • 消費者問題

    企業が商業活動を行う際、必ず発生する可能性を秘めているのが「消費者問題」です。 例えば、「...

  • 顧問弁護士

    「作成した契約書の内容に問題がないか弁護士に相談したい」「コンプライアンスについて弁護士の助言を得た...

  • 団体交渉

    ⬛︎団体交渉とは団体交渉は、労働者の団体が、その代表者を通じて、使用者と行う交渉です。団体交渉権は、...

  • 経営改善計画の策定

    借入金の返済負担などが経営の妨げとなっている場合、経営改善計画を策定して金融機関に相談することで、返...

  • コンプライアンス

    ■コンプライアンスとはコンプライアンスとは法令に則った経営ないし業務のことをいいます。また定義を拡張...

よく検索されるキーワードKEYWORD

代表弁護士紹介INTRODUTION

代表弁護士 星野俊治
代表弁護士
星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所属団体

愛知県弁護士会

愛知県中小企業診断士協会

ご挨拶
会社経営では、取引先との契約トラブル、経営権を巡る争い、労使紛争、事業承継問題、税務など、さまざまな問題が起こります。そうした会社経営に関する各種の問題について、専門的立場から適切な対応を助言するとともに、契約書等の法律的な文書の作成・チェック、法的トラブルの未然防止、訴訟対応その他の法的サービスを提供し、企業経営をサポートいたします。お悩みごとがありましたら、まずはご相談ください。

事務所概要OFFICE

名称 星野法律事務所
代表者名 星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所在地 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-9-11丸の内伏見通ビル6階602
電話番号/FAX番号 TEL:052-228-0312FAX:052-228-0313
営業時間 平日9:30~18:30 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ