労働審判 会社側 不利 / 星野法律事務所

星野法律事務所 > 労務対応に関するキーワード > 労働審判 会社側 不利

労働審判 会社側 不利

  • 従業員から労働審判を起こされた時の対応策・注意点

    従業員から労働審判を起こされたときに、会社側はどのような対応策を取るべきでしょうか。そもそも労働審判とは、労働者と使用者の双方の主張を出し合い、労働審判委員により審理される審判のことをいいます。3回以内で審理が終了するため、民事訴訟よりも早い解決がなされ、短期決戦的な特徴を有します。また、事案に即した柔軟な解決が...

  • 契約書の内容変更

    「以前結んだ契約の内容で不利益をこうむっているため、契約内容を変更したい」あるいは逆に「契約を結んだ相手が内容を変更したいと相談してきた」などといったケースは少なくありません。一度取り交わした契約書に記載された内容は、変更することができるのでしょうか。このページでは、契約書の内容変更について詳しくみていきます。

  • 契約書のリーガルチェック

    その中で、自社にとっては不利な契約条項が記載される可能性も出てくるわけです。 そこで、契約書のリーガルチェックが必要になってきます。リーガルチェックとは、自社と取引先との間で結ばれる契約書に関して、自社に不利な契約条項がないかや、法的な問題点はないかなどに関してチェックすることを意味します。要するに、契約書にちゃ...

  • 職場内のハラスメント対策

    職場におけるセクシュアルハラスメントとは、職場において行われる性的な言動に対する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受けるもの、もしくは、当該性的な言動により労働者の就業環境が害されるものと定義されています。 〇マタニティハラスメント(マタハラ)職場におけるマタニティハラスメントとは、職場にお...

  • パワハラ社員への適切な処分と対応

    さらに、企業がハラスメントに関するオープンな相談窓口を設けることで、パワハラの実態を社員が気軽に話すことができ、会社側が状況を知ることができる環境を整えることも重要になります。そして最後に、透明性を保持しながらハラスメントの相手の事情を聞き公平に厳重注意・謹慎処分・懲戒解雇などの処分決定を行うことが対処法になると...

星野法律事務所が提供する基礎知識KNOWLEDGE

  • 売掛金の時効は何年?

    ■売掛金とは売掛金とは、ごく簡単に言えば債権のことを意味します。債権を持っている場合には、債務を負っ...

  • 業務提携契約書とは?...

    一般的に一つの事業を複数の会社で共同して行い、利益を分配しあうことは少なくありません。その際に共同し...

  • 残業代に関する労務

    ⬛︎残業(時間外労働)の条件法律は労働時間の上限を、週40時間かつ一日8時間までと定めており、この制...

  • 経営改善計画(事業再...

    経営改善計画とは、その名の通り会社の「経営」を改善するために作る計画のことです。無理せず効率的な計画...

  • 株主総会

    株主総会の対応は、企業の経営規模が大きくなるにつれて影響の大きい重要な案件となります。このページでは...

  • 事業承継

    事業承継とは会社を次の後継者へと引き継ぐことをいいます。近年、事業承継は国をあげて対策を取る問題とな...

  • 売掛金の回収

    売掛金とは、掛取引により商品を販売した場合の代金を受領する権利のことをいいます。要するに、「ツケ」の...

  • 経営戦略とは

    経営戦略は、企業が外部環境の変化に対応しつつ成長・発展できるよう、企業の向かうべき方向性や指針を定め...

  • 名古屋市の顧問弁護士...

    顧問弁護士とは、企業と顧問契約をした弁護士のことをいいます。昨今のコンプライアンス化の進展に伴い、ま...

  • パワハラ社員への適切...

    近年では、コンプライアンスの重視に伴い、ハラスメントが問題視されるようになってきました。また、201...

よく検索されるキーワードKEYWORD

代表弁護士紹介INTRODUTION

代表弁護士 星野俊治
代表弁護士
星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所属団体

愛知県弁護士会

愛知県中小企業診断士協会

ご挨拶
会社経営では、取引先との契約トラブル、経営権を巡る争い、労使紛争、事業承継問題、税務など、さまざまな問題が起こります。そうした会社経営に関する各種の問題について、専門的立場から適切な対応を助言するとともに、契約書等の法律的な文書の作成・チェック、法的トラブルの未然防止、訴訟対応その他の法的サービスを提供し、企業経営をサポートいたします。お悩みごとがありましたら、まずはご相談ください。

事務所概要OFFICE

名称 星野法律事務所
代表者名 星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所在地 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-9-11丸の内伏見通ビル6階602
電話番号/FAX番号 TEL:052-228-0312FAX:052-228-0313
営業時間 平日9:30~18:30 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ