労働 紛争 弁護士 / 星野法律事務所

星野法律事務所 > 労務対応に関するキーワード > 労働 紛争 弁護士

労働 紛争 弁護士

  • 契約書の作成とチェック

    ■契約書の作成やチェックは弁護士にご相談を契約書は正式な証拠となる法律文書としての役割を持ちます。法律が深くかかわる文書ですから、その作成のサポートを受けるためには、弁護士への相談が最も効果的です。弁護士によって専門とする分野が異なるため、契約書の作成とチェックは企業法務に精通した弁護士に依頼することをおすすめし...

  • 契約書の内容変更

    ■契約書の内容変更は弁護士に相談を契約書の内容を変更するということは、もう一度取り決めた内容を見直すということであり、企業間では重要な論点となります。したがって、相手方に契約内容の変更を受け入れてもらえるように、また、新しい契約の内容に不備がないようにするためには、弁護士のサポートを受けることをおすすめします。

  • 契約書トラブルが生じた場合にするべきこと

    そのため、弁護士の助力を得ることが大きなアドバンテージとなります。 星野法律事務所は、債権回収、労務対応、経営計画、契約書などの企業法務に関する問題に対し、豊富な知識と実績を基にした解決策をご提案いたします。名古屋市、清須市、稲沢市、北名古屋市を中心として、愛知県、三重県、岐阜県にお住まいのお客様から広くご相談い...

  • 債権回収を弁護士に依頼するメリット

    法律の専門家である弁護士に債権回収を依頼することには複数のメリットが存在します。 第一に、弁護士が債権回収を担当すれば相手方との交渉を有利に進めることができます。相手が財産を隠そうとしている場合や時間を稼ごうとしているような場合であれば、法律の専門知識を活用して直ちに法的手続に移行することも出来ますし、裁判で争う...

  • 債権回収を弁護士に依頼するデメリット

    債権回収を弁護士に依頼すれば、豊富な知識と経験をもとに有利に交渉を進めることができ、早期の問題解決を大いに期待することができます。しかし、メリットがあるものにはデメリットもつきものです。弁護士に債権回収を依頼する場合にも当然ながらデメリットがあり得ます。 債権回収を弁護士に依頼することによる最大のデメリットは、弁...

  • 就業規則や規定に関する労務

    ⬛︎労働条件を決める規則労働条件は、個々の従業員との合意に基づき、契約で定めるのが原則です。しかし、法律に従って規則を設けることで、個々の従業員と合意しなくても労働条件を定められる場合があります。そのような規則としては、就業規則、労働協約などが挙げられます。特に就業規則は、その事業場で働く全従業員の労働条件を拘束...

  • 団体交渉

    団体交渉は、労働者の団体が、その代表者を通じて、使用者と行う交渉です。団体交渉権は、労働者の権利として憲法で保障されており、使用者による団体交渉の拒否や妨害は、法律で厳しく制限されています。団体交渉にあたっては十分に準備し、慎重かつ冷静な態度で交渉に臨むことが求められます。 ⬛︎誠実交渉義務使用者は、労働組合から...

  • 残業代に関する労務

    ⬛︎残業(時間外労働)の条件法律は労働時間の上限を、週40時間かつ一日8時間までと定めており、この制限を超えて、従業員を拘束する場合は、事業場(オフィスや工場など)における過半数の従業員を代表する労働組合や代表者との間で、いわゆる36協定を締結し労基署に届け出る必要があります。もちろん36協定を締結したからといっ...

  • 労働災害

    ⬛︎労働災害とは労働災害(労災)とは、業務上の傷病・負傷・障害または死亡のことをいいます。「業務上」の傷病といえるためには、かかる傷病が、業務に起因することが条件となります。「業務上」の傷病と認められた場合には、過失の有無にかかわらず、使用者は法律の定めに従って労災にあった従業員に補償をしなければなりません。 

  • 経営戦略とは

    当事務所では、中小企業診断士の資格を併有する弁護士が、適切な経営戦略を策定する支援をしてお客様の経営をサポートいたします。経営戦略に関することはまず当事務所までお問い合わせください。 星野法律事務所では、名古屋市、清須市、稲沢市、北名古屋市を中心に愛知県、三重県、岐阜県のエリアで「契約書」、「債権回収」などの法律...

  • 資金調達・資金繰り

    経営に関する問題に対し、法的観点も交えて、助言・支援することができます。資金繰りや資金調達に関してお悩みの方はぜひ当事務所にご相談ください。 既に資金繰りが悪化してしまっていたとしても、早期に弁護士が介入し特定調停などの法的手続きを利用することで、悪化した財務状況を改善できることもあります。

  • 顧問弁護士

    「作成した契約書の内容に問題がないか弁護士に相談したい」「コンプライアンスについて弁護士の助言を得たい」上記のような要望を抱えていらっしゃる企業は多くいらっしゃいます。 こうした企業法務に関するお悩みは、一度ならずたびたび発生するものです。利益を上げ続けることが一つの命題でもある企業としては、関係者との利害が対立...

  • 消費者問題

    企業側に何らかの落ち度がある場合、問題への対処が遅れた際や、対処を誤ってしまった際には、消費者紛争へと発展してしまう可能性があります。誠実に、早期に対応することが不可欠です。また、消費者から商品に関するクレームが寄せられた際も注意が必要です。消費者を守るために制定された訪問販売法、消費者契約法、割賦販売法などの「...

  • 株主総会

    ■株主総会については弁護士へ相談をコンプライアンス経営を重視した株主総会の実施については、弁護士のサポートを受けるのが望ましいでしょう。法律の専門家である弁護士からは、適切な株主総会の実施についてアドバイスを受けることができます。 星野法律事務所は、債権回収、労務対応、経営計画、契約書などの企業法務に関する問題に...

  • 経営改善計画の策定

    当事務所には、認定支援機関の認定を受けた弁護士が在籍していますので、経営改善計画の策定、フォローアップ、その費用補助まで助言・支援することができます。経営改善計画に関することは当事務所までお問い合わせください。 星野法律事務所では、名古屋市、清須市、稲沢市、北名古屋市を中心に愛知県、三重県、岐阜県のエリアで「契約...

  • 経営改善計画の策定を弁護士に依頼するメリット

    経営改善計画の策定を弁護士に依頼することにより、経営課題を法的に解決する方策を計画に組み込むことができるというメリットがあります。例えば、売掛債権が回収できないことや回収が遅れることで資金繰りが悪化しているような場合は、既に回収が滞っている売掛債権を支払督促や訴訟といった法的手続を活用して回収することを試みること...

星野法律事務所が提供する基礎知識KNOWLEDGE

  • 債権回収の方法

    債権回収の方法は主に3つに大別されます。 一つ目の方法は任意による回収です。相手方と話し合...

  • 契約書の重要性

    契約は、「申し込み」と「承諾」により成立する法律行為です。そして、通常の場合、口頭による「申し込み」...

  • 事業承継

    事業承継とは会社を次の後継者へと引き継ぐことをいいます。近年、事業承継は国をあげて対策を取る問題とな...

  • 債権回収の流れ

    債権回収のプロセスは、取引を行う前段階からスタートします。取引相手が企業であれ個人であれ、信頼できる...

  • キャッシュフローとは

    ■キャッシュフローキャッシュフローとは会社に出入りするお金の流れをいいます。お金の流入をキャッシュ・...

  • 残業代に関する労務

    ⬛︎残業(時間外労働)の条件法律は労働時間の上限を、週40時間かつ一日8時間までと定めており、この制...

  • 職場内のハラスメント...

    ■企業のハラスメントとはそもそも、企業におけるハラスメントとはどういった種類のものがあるでしょうか。...

  • 契約書トラブルが生じ...

    契約書は、結んだ契約の内容を証明する重要な書類です。したがって、契約内容について疑義が生じた場合や、...

  • コンプライアンス

    ■コンプライアンスとはコンプライアンスとは法令に則った経営ないし業務のことをいいます。また定義を拡張...

  • 契約書のリーガルチェ...

    取引先との契約するときに契約書を作成することがほとんどです。契約書に沿って取引先との商品引渡しや代金...

よく検索されるキーワードKEYWORD

代表弁護士紹介INTRODUTION

代表弁護士 星野俊治
代表弁護士
星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所属団体

愛知県弁護士会

愛知県中小企業診断士協会

ご挨拶
会社経営では、取引先との契約トラブル、経営権を巡る争い、労使紛争、事業承継問題、税務など、さまざまな問題が起こります。そうした会社経営に関する各種の問題について、専門的立場から適切な対応を助言するとともに、契約書等の法律的な文書の作成・チェック、法的トラブルの未然防止、訴訟対応その他の法的サービスを提供し、企業経営をサポートいたします。お悩みごとがありましたら、まずはご相談ください。

事務所概要OFFICE

名称 星野法律事務所
代表者名 星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所在地 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-9-11丸の内伏見通ビル6階602
電話番号/FAX番号 TEL:052-228-0312FAX:052-228-0313
営業時間 平日9:30~18:30 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ