就業規則 労働基準法 / 星野法律事務所

星野法律事務所 > 労務対応に関するキーワード > 就業規則 労働基準法

就業規則 労働基準法

  • 問題社員を円満に解雇するには

    ここで、解雇の指標となるのは就業規則です。常時10人以上の社員(労働者)を雇っている会社は、就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならないことになっています(労働基準法89条)。その就業規則の中に「退職に関する事項(解雇の事由を含む)」についても作成しなければなりません(同条3号)。これに沿って解雇の手続きを...

  • 自主的なサービス残業も違法になる可能性があるって本当?

    したがって、サービス残業に対して賃金を支払っていない場合には、労働基準法に違反しており、違法であるということになります。サービス残業をめぐっては、従業員や労働基準監督署とのやり取りが必要な場面も出てきます。そのような場合には、あらかじめ弁護士に相談をし、対応について有益なアドバイスをもらうことをお勧めします。 

  • 就業規則や規定に関する労務

    そのような規則としては、就業規則、労働協約などが挙げられます。特に就業規則は、その事業場で働く全従業員の労働条件を拘束するという効力があり労使関係に多大な重大な影響を与えること、また常時10人以上の従業員を雇用する使用者には作成が義務付けられることから多くの企業が作成を避けられません。そのため、就業規則は労働条件...

  • 団体交渉

    名古屋市、清瀬市、稲沢市、北名古屋市で就業規則などの問題でお悩みの方は、ぜひ星野法律事務所までご相談ください。また、当事務所では愛知県のほか岐阜県、三重県からのご依頼にも対応しております。同地域の方からのご相談もお待ちしております。

  • 残業代に関する労務

    名古屋市、清瀬市、稲沢市、北名古屋市で就業規則などの問題でお悩みの方は、ぜひ星野法律事務所までご相談ください。また、当事務所では愛知県のほか岐阜県、三重県からのご依頼にも対応しております。同地域の方からのご相談もお待ちしております。

  • 労働災害

    名古屋市、清瀬市、稲沢市、北名古屋市で就業規則などの問題でお悩みの方は、ぜひ星野法律事務所までご相談ください。また、当事務所では愛知県のほか岐阜県、三重県からのご依頼にも対応しております。同地域の方からのご相談もお待ちしております。

  • コンプライアンス

    規則の策定は就業規則など各種社内規定の改正です。就業規則で禁止事項を明示し違反した場合の処分を規定しておくことで懲戒処分が可能になります。専門部署には啓発活動などコンプライアンスを推進する活動と内部通報や相談の窓口という二つの機能が期待されます。 星野法律事務所は、債権回収、労務対応、経営計画、契約書などの企業法...

  • 職場内のハラスメント対策

    就業規則に関係規定を設ける、労使協定を締結する、予防・解決についての方針やガイドラインを作成するなど 〇従業員アンケートなどを通じ、職場のハラスメント実体を把握する 〇研修などを通じ、ハラスメント対策について企業関係者に周知する 以上の取り組みのほかにも、ハラスメント加害者に対しては厳しい処分を課すなど、れっきと...

  • 就業規則の内容を変更する際の流れ

    就業規則とは就業規則は、会社とその従業員とを結ぶ、雇用に関するルールのことをいいます。常時10人以上の従業員を雇用する事務所で作成することになっています。就業規則においては、労働時間や賃金に関する事項等を定めることになっており、会社のルールを明らかにする役割を果たしています。就業規則では、必ず定めなければならな...

星野法律事務所が提供する基礎知識KNOWLEDGE

  • 売掛金の時効は何年?

    ■売掛金とは売掛金とは、ごく簡単に言えば債権のことを意味します。債権を持っている場合には、債務を負っ...

  • 契約書のリーガルチェ...

    取引先との契約するときに契約書を作成することがほとんどです。契約書に沿って取引先との商品引渡しや代金...

  • 契約書の作成とチェッ...

    私たちは日常生活の中で、意識していようがしていまいが、いくつもの契約によって生活を送っています。とく...

  • 残業代に関する労務

    ⬛︎残業(時間外労働)の条件法律は労働時間の上限を、週40時間かつ一日8時間までと定めており、この制...

  • 経営改善計画(事業再...

    経営改善計画とは、その名の通り会社の「経営」を改善するために作る計画のことです。無理せず効率的な計画...

  • 名古屋市の顧問弁護士...

    顧問弁護士とは、企業と顧問契約をした弁護士のことをいいます。昨今のコンプライアンス化の進展に伴い、ま...

  • 成長性分析とは

    ■成長性分析とは成長性分析とは、「売上高」「経常利益」「営業利益」「総資産」「純資産」「従業員」の6...

  • 団体交渉

    ⬛︎団体交渉とは団体交渉は、労働者の団体が、その代表者を通じて、使用者と行う交渉です。団体交渉権は、...

  • 横領

    ■横領罪自己の占有する他人の財物を横領した者には横領罪が成立し、5年以下の懲役刑を課されます。業務で...

  • 経営改善計画の策定

    借入金の返済負担などが経営の妨げとなっている場合、経営改善計画を策定して金融機関に相談することで、返...

よく検索されるキーワードKEYWORD

代表弁護士紹介INTRODUTION

代表弁護士 星野俊治
代表弁護士
星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所属団体

愛知県弁護士会

愛知県中小企業診断士協会

ご挨拶
会社経営では、取引先との契約トラブル、経営権を巡る争い、労使紛争、事業承継問題、税務など、さまざまな問題が起こります。そうした会社経営に関する各種の問題について、専門的立場から適切な対応を助言するとともに、契約書等の法律的な文書の作成・チェック、法的トラブルの未然防止、訴訟対応その他の法的サービスを提供し、企業経営をサポートいたします。お悩みごとがありましたら、まずはご相談ください。

事務所概要OFFICE

名称 星野法律事務所
代表者名 星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所在地 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-9-11丸の内伏見通ビル6階602
電話番号/FAX番号 TEL:052-228-0312FAX:052-228-0313
営業時間 平日9:30~18:30 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ