契約書 必要 / 星野法律事務所

星野法律事務所 > 契約書に関するキーワード > 契約書 必要

契約書 必要

  • 契約書の重要性

    したがって、必ずしも『契約書』の存在は必須ではないということです。では、なぜ社会に、とりわけ企業間の取引の際に『契約書』が存在するのでしょうか。このページでは、契約書の重要性について、詳しくご説明してまいります。 ■契約書の重要性口頭でも契約が成立するにもかかわらず、契約書の作成が重要なのは,主に以下の2つの理由...

  • 契約書の作成とチェック

    そして、企業において契約を裏付ける契約書は、なくてはならないものです。このページでは、契約書の作成とチェックについて、詳しく解説してまいります。 ■契約書は誰が作成するのか普段コンビニエンスストアなどで契約書を書くことはないでしょうが、携帯電話の購入や、賃貸住宅への引越しなどで契約書を目にする機会があるかと思いま...

  • 契約書の内容変更

    一度取り交わした契約書に記載された内容は、変更することができるのでしょうか。このページでは、契約書の内容変更について詳しくみていきます。 ■契約書の内容は変更できるのか一度双方が合意して結んだ契約書の内容は、果たして変更することが可能なのでしょうか。結論から申し上げますと、契約書の内容を変更することが可能かどうか...

  • 契約書トラブルが生じた場合にするべきこと

    契約書は、結んだ契約の内容を証明する重要な書類です。したがって、契約内容について疑義が生じた場合や、結んだ契約内容でトラブルが起きた際には、契約書が見直されることとなります。多くの場合、契約書についてしっかりと見直すというタイミングは、まさに実際に問題が生じたタイミングなのです。このページでは、契約書トラブルが生...

  • 債権回収の方法

    ただし、金額の大きい取引では担保を設定するのは不自然ではありませんが、比較的小規模な取引では相手方が不快感を示す場合もあり、担保の設定が困難なこともありますので注意が必要です。三つ目の方法は、法的手続を経た債権回収となります。相手方が任意での支払いの要求を無視するような状況であれば、話し合いで債権回収を図っても意...

  • 債権回収の流れ

    もし、不安が残るような取引相手であれば、取引をする際に契約書で担保の設定などをすることでリスクを軽減することが出来ます。 取引がはじまった後は、債権管理に注力することになります。取引を重ねるにつれ、相手との信頼関係も生まれていき、どうしても債権管理が不十分となりがちです。そうした気のゆるみが最も危険です。債権管理...

  • 債権回収を弁護士に依頼するメリット

    星野法律事務所は、債権回収、労務対応、経営計画、契約書などの企業法務に関する問題に加え、事業承継についても豊富な知識と実績を基にした解決策をご提案いたします。名古屋市、清須市、稲沢市、北名古屋市を中心として、愛知県、三重県、岐阜県にお住まいのお客様から広くご相談いただいています。事前予約で土日・祝日もご対応可能で...

  • 債権回収を弁護士に依頼するデメリット

    星野法律事務所は、債権回収、労務対応、経営計画、契約書などの企業法務に関する問題に加え、事業承継についても豊富な知識と実績を基にした解決策をご提案いたします。名古屋市、清須市、稲沢市、北名古屋市を中心として、愛知県、三重県、岐阜県にお住まいのお客様から広くご相談いただいています。事前予約で土日・祝日もご対応可能で...

  • 就業規則や規定に関する労務

    作成した就業規則は、労働組合や労働者代表の意見を記載した書面を添付して労基署に届け出る必要があります。その上で、掲示や備え付けや書面の交付などの方法で従業員に周知しなければなりません。届出と周知を完了させた段階で、初めて就業規則は有効となります。 ⬛︎就業規則の内容就業規則は、その事業場における労働条件の最低基準...

  • 残業代に関する労務

    法律は労働時間の上限を、週40時間かつ一日8時間までと定めており、この制限を超えて、従業員を拘束する場合は、事業場(オフィスや工場など)における過半数の従業員を代表する労働組合や代表者との間で、いわゆる36協定を締結し労基署に届け出る必要があります。もちろん36協定を締結したからといって無制限に残業させられるわけ...

  • 労働災害

    労災が発生した場合で、従業員が労基署に申請し、労災認定を受けた場合は、療養費や休業補償、障害補償など、法律に従って必要な補償がなされます。先述したように使用者は、労災にあった従業員に補償をする義務を負いますが、ほとんどの場合、労災保険によって補償範囲は全てカバーされるため、労災が発生したとしても使用者が直接的に補...

  • 経営戦略とは

    経営戦略作成のためには、まず、自社の保有するヒト・モノ・カネ・情報・ノウハウなどの企業内部の経営資源を分析する必要があります。そして、外部環境の状況を見定めて効果的に経営資源を展開し、競合する企業に対する競争優位を築き上げ、自社が持続的な成長・発展を遂げるためにはどうすべきかを考えることになります。近年、めまぐる...

  • 資金調達・資金繰り

    また、資金繰りの安定化や事業拡大のためには「資金調達」が必要になることがあります。「資金調達」の方法は、資産売却、公的機関や金融機関からの借入れ、出資、補助金・助成金の活用など様々ですが、それぞれメリット・デメリットがありますので、状況に応じて最適の方法を選択する必要があります。 資金繰りや資金調達に関してお悩み...

  • 経営改善計画(事業再生計画)の書き方

    いつまでにどのレベルまで経営を改善させるのかを明確にする必要があります。ここでは、経営改善計画のゴールを設定します。最後にスタートとゴールを効率的に結ぶための改善計画を立てていきます。ここでは、売り上げや経費削減など改善できる多くの要素から効率的で確実な方法を考え、計画に落とし込んでいくことが大切です。 当事務所...

  • 顧問弁護士

    「作成した契約書の内容に問題がないか弁護士に相談したい」「コンプライアンスについて弁護士の助言を得たい」上記のような要望を抱えていらっしゃる企業は多くいらっしゃいます。 こうした企業法務に関するお悩みは、一度ならずたびたび発生するものです。利益を上げ続けることが一つの命題でもある企業としては、関係者との利害が対立...

  • 消費者問題

    また、消費者から商品に関するクレームが寄せられた際も注意が必要です。消費者を守るために制定された訪問販売法、消費者契約法、割賦販売法などの「消費者保護法」を遵守することは、どのような企業であっても非常に重要です。対応を間違えてしまった場合、消費者紛争に発展してしまう可能性もあるため、早めに適切な対応を取ることが重...

  • 事業承継

    事業承継を円滑に行うには様々な準備が必要です。まずどのような形で会社を引き継ぐのかを決めていきます。事業承継には大きく3つの種類があります。親族承継・従業員などによる第三者承継・M&Aによる事業承継の3つです。そして中小企業庁によると、事業承継の準備には5~10年程度を要するとされているため、早い段階での準備が必...

  • 株主総会

    近年はコンプライアンス経営が重要であり、会社法に規定された株主に対する義務と責任を十分に理解しておく必要があります。特に、会社法上の罰則として利益供与と特別背任に注意する必要があります。利益供与罪とは、株主の権利行使に関して、財産上の利益を供与することをさします。1997年には大手金融機関が相次いで摘発されたこと...

  • 経営改善計画の策定

    ただ、経営改善計画は、金融支援を受けるための計画であるため、特定の形式・内容を満たす金融機関の審査に耐えうるものである必要があります。そのため、自ら経営改善計画を策定するのが難しい企業もあるかもしれませんが、一定の要件の下で、認定支援機関という法律に基づき認定された専門家による経営改善計画の策定やフォローアップの...

  • 経営改善計画の策定を弁護士に依頼するメリット

    契約書の内容を見直し、新規取引により生じる売掛債権に担保を設定することで、将来発生する売掛債権の円滑な回収を図ることもできます。また、借入金の返済の負担が経営改善を妨げている場合、中小企業に限られますが、特定調停という裁判上の手続きを利用して借入金の返済の負担を軽減できる可能性もあります。日本弁護士連合会がとりま...

星野法律事務所が提供する基礎知識KNOWLEDGE

  • 就業規則や規定に関す...

    ⬛︎労働条件を決める規則労働条件は、個々の従業員との合意に基づき、契約で定めるのが原則です。しかし、...

  • 資金調達・資金繰り

    安定した経営を続けるためには、資金の流れの管理、すなわち「資金繰り」が極めて重要になります。いくら利...

  • 契約書トラブルが生じ...

    契約書は、結んだ契約の内容を証明する重要な書類です。したがって、契約内容について疑義が生じた場合や、...

  • 債権回収を弁護士に依...

    債権回収を弁護士に依頼すれば、豊富な知識と経験をもとに有利に交渉を進めることができ、早期の問題解決を...

  • 債権回収の方法

    債権回収の方法は主に3つに大別されます。 一つ目の方法は任意による回収です。相手方と話し合...

  • 名古屋市の顧問弁護士...

    顧問弁護士とは、企業と顧問契約をした弁護士のことをいいます。昨今のコンプライアンス化の進展に伴い、ま...

  • 契約書の作成とチェッ...

    私たちは日常生活の中で、意識していようがしていまいが、いくつもの契約によって生活を送っています。とく...

  • 株主総会

    株主総会の対応は、企業の経営規模が大きくなるにつれて影響の大きい重要な案件となります。このページでは...

  • キャッシュフローとは

    ■キャッシュフローキャッシュフローとは会社に出入りするお金の流れをいいます。お金の流入をキャッシュ・...

  • 経営改善計画の策定

    借入金の返済負担などが経営の妨げとなっている場合、経営改善計画を策定して金融機関に相談することで、返...

よく検索されるキーワードKEYWORD

代表弁護士紹介INTRODUTION

代表弁護士 星野俊治
代表弁護士
星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所属団体

愛知県弁護士会

愛知県中小企業診断士協会

ご挨拶
会社経営では、取引先との契約トラブル、経営権を巡る争い、労使紛争、事業承継問題、税務など、さまざまな問題が起こります。そうした会社経営に関する各種の問題について、専門的立場から適切な対応を助言するとともに、契約書等の法律的な文書の作成・チェック、法的トラブルの未然防止、訴訟対応その他の法的サービスを提供し、企業経営をサポートいたします。お悩みごとがありましたら、まずはご相談ください。

事務所概要OFFICE

名称 星野法律事務所
代表者名 星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所在地 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-9-11丸の内伏見通ビル6階602
電話番号/FAX番号 TEL:052-228-0312FAX:052-228-0313
営業時間 平日9:30~18:30 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ