契約書の重要性 / 星野法律事務所

星野法律事務所 > 契約書 > 契約書の重要性

契約書の重要性

契約は、「申し込み」と「承諾」により成立する法律行為です。そして、通常の場合、口頭による「申し込み」と「承諾」のみであっても、お互いの意思の合致があれば契約は成立します。したがって、必ずしも『契約書』の存在は必須ではないということです。
では、なぜ社会に、とりわけ企業間の取引の際に『契約書』が存在するのでしょうか。
このページでは、契約書の重要性について、詳しくご説明してまいります。

 

■契約書の重要性
口頭でも契約が成立するにもかかわらず、契約書の作成が重要なのは,主に以下の2つの理由によります。
①契約内容の明確化
契約書の作成が重要である理由の1点目は、契約内容の明確化にあります。
例えば、ある商品を提供する契約を結ぶ場合、その商品の種類・性能・数量、納期、提供方法、代金額、支払時期・方法などの契約内容が明確になっていて初めて正確に商品の提供とその決済を済ますことができます。
また、契約内容が明確でその内容を正確に実現しているのであれば、後日、その契約上の責任を追及される可能性がなくなります。
逆に、契約内容が明らかになっていないと、どのように契約内容を実現してよいか分からない状況となったり、トラブルが発生したりしかねず、不安定な取引となってしまいます。
契約内容を正確に実現してトラブルを回避するための手段として契約書の作成が重要といえます。


②契約内容の証拠化
契約書の作成が重要である理由の2点目は、契約内容の証拠化にあります。
契約を結んだ時点ではお互いに合意が取れており、問題が起きることはないだろうと考えられていたとしても、契約内容を履行する段階になってトラブルが起きるケースは少なくありません。
例えば、商品の購入代金の支払いが遅れたり、商品の納品が遅れたりといったトラブルは非常によくあります。
こうしたトラブルが発生した際に,契約書により損害賠償の定めなどが明らかになっていれば、トラブルによって被った損害を相手に賠償させるための証拠として契約書を示すことができます。
また、トラブルの解決を裁判所などの第三者に任せる場合,損害賠償などの請求が正当な内容であることを示す証拠として契約書を用いることもできます。
トラブルが発生した場合に適切に解決するための手段として契約書の作成が重要といえます。

 

星野法律事務所は、債権回収、労務対応、経営計画、契約書などの企業法務に関する問題に加え、事業承継についても豊富な知識と実績を基にした解決策をご提案いたします。
名古屋市、清須市、稲沢市、北名古屋市を中心として、愛知県、三重県、岐阜県にお住まいのお客様から広くご相談いただいています。
事前予約で土日・祝日もご対応可能です。
企業に関わる法律問題でお悩みの方は、お気軽に当事務所までご相談ください。

星野法律事務所が提供する基礎知識KNOWLEDGE

  • 契約書の内容変更

    企業間のさまざまな契約においては、「以前結んだ契約の内容で不利益をこうむっているため、契約内容を変更...

  • 株主総会

    株主総会の対応は、企業の経営規模が大きくなるにつれて影響の大きい重要な案件となります。このページでは...

  • 経営改善計画(事業再...

    経営改善計画とは、その名の通り会社の「経営」を改善するために作る計画のことです。無理せず効率的な計画...

  • 就業規則や規定に関す...

    ⬛︎労働条件を決める規則労働条件は、個々の従業員との合意に基づき、契約で定めるのが原則です。しかし、...

  • 労働災害

    ⬛︎労働災害とは労働災害(労災)とは、業務上の傷病・負傷・障害または死亡のことをいいます。「業務上」...

  • 債権回収を弁護士に依...

    法律の専門家である弁護士に債権回収を依頼することには複数のメリットが存在します。 第一に、...

  • 残業代に関する労務

    ⬛︎残業(時間外労働)の条件法律は労働時間の上限を、週40時間かつ一日8時間までと定めており、この制...

  • 経営改善計画の策定

    借入金の返済負担などが経営の妨げとなっている場合、経営改善計画を策定して金融機関に相談することで、返...

  • 名古屋市の顧問弁護士...

    顧問弁護士とは、企業と顧問契約をした弁護士のことをいいます。昨今のコンプライアンス化の進展に伴い、ま...

  • パワハラ社員への適切...

    近年では、コンプライアンスの重視に伴い、ハラスメントが問題視されるようになってきました。また、201...

よく検索されるキーワードKEYWORD

代表弁護士紹介INTRODUTION

代表弁護士 星野俊治
代表弁護士
星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所属団体

愛知県弁護士会

愛知県中小企業診断士協会

ご挨拶
会社経営では、取引先との契約トラブル、経営権を巡る争い、労使紛争、事業承継問題、税務など、さまざまな問題が起こります。そうした会社経営に関する各種の問題について、専門的立場から適切な対応を助言するとともに、契約書等の法律的な文書の作成・チェック、法的トラブルの未然防止、訴訟対応その他の法的サービスを提供し、企業経営をサポートいたします。お悩みごとがありましたら、まずはご相談ください。

事務所概要OFFICE

名称 星野法律事務所
代表者名 星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所在地 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-9-11丸の内伏見通ビル6階602
電話番号/FAX番号 TEL:052-228-0312FAX:052-228-0313
営業時間 平日9:30~18:30 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ