労務対応 / 星野法律事務所

星野法律事務所 > 労務対応

労務対応に関する基礎知識や事例

⬛︎労働問題への対応
近年、働き方改革や世論の変化などの影響から、労働問題に注目が集まっています。行政・司法の対応は厳しいものになりつつあり、従業員とのトラブルが発生し、会社に落ち度があると認められてしまった場合には、厳しい処分が下される可能性があります。また、それ以上に、会社の信用が失墜し新規社員の採用や取引先との関係に支障が生じ、会社の経営が危ぶまれる事態に陥ってしまうことも考えられます。
会社としては、労働問題予防のために、専門家の援助なども受けながら、十分に対策を練っておくことが求められます。

⬛︎労働条件の管理
従業員との労働条件については、法律の規定を遵守しつつ、双方が納得できるものになるよう調整し管理していく必要があります。
そのためには、従業員の意見を聴きながら、就業規則など、労働契約の中身となる規則を、適切な手続きで策定していくことが重要となります。

⬛︎労働組合対策
労働組合は法律で強く保護されており、会社からの干渉は厳しく制限されています。一方で、団体交渉などで、労働組合に適切な対応をすることは、従業員との関係を良好なものとし、職場環境を安定させることにつながります。
法律による規制を理解しながら、細心の注意を払いつつ、適切に交渉していくことが求められます。

⬛︎残業代の支払い
残業は、法律上は例外的な労働であり、従業員に残業させるためには所定の手続きを経る必要があります。また、かかる手続きを経ても残業が無制限に許されるわけではなく、極端な場合には、法律で定められた上限を超えた残業は刑事罰の対象となります。
加えて、従業員の労働時間の管理は、使用者の義務であり、残業代の未払いは会社の責任となります。会社としては、残業代を適切に支払うのはもちろんのこと、労働時間を厳格に管理し、不要な残業の抑制に努める必要があります。

⬛︎労働災害
会社には、従業員を生命・身体の安全が確保できる環境で労働させる義務があります。普段から、従業員の安全や健康確保を確保するために、十分な対策をとっておく必要があります。
労働災害については、国が強制加入労災保険を整備しており、まずはこれに加入しておくことが、労災対策の基本となります。そのうえで、労災の未然防止と労災発生時の対応という両面に対し、日頃から対策をとっておくことが必要です。

星野法律事務所は、債権回収、労務対応、経営計画、契約書などの企業法務に関する問題に加え、事業承継についても豊富な知識と実績を基にした解決策をご提案いたします。
名古屋市、清須市、稲沢市、北名古屋市を中心として、愛知県、三重県、岐阜県にお住まいのお客様から広くご相談いただいています。
事前予約で土日・祝日もご対応可能です。
企業に関する法律問題でお悩みの方は、お気軽に当事務所までご相談ください。

  • 就業規則や規定に関する労務

    ⬛︎労働条件を決める規則労働条件は、個々の従業員との合意に基づき、契約で定めるのが原則です。しかし、法律に従っ […]

  • 団体交渉

    ⬛︎団体交渉とは団体交渉は、労働者の団体が、その代表者を通じて、使用者と行う交渉です。団体交渉権は、労働者の権 […]

  • 残業代に関する労務

    ⬛︎残業(時間外労働)の条件法律は労働時間の上限を、週40時間かつ一日8時間までと定めており、この制限を超えて […]

  • 労働災害

    ⬛︎労働災害とは労働災害(労災)とは、業務上の傷病・負傷・障害または死亡のことをいいます。「業務上」の傷病とい […]

  • 横領

    ■横領罪自己の占有する他人の財物を横領した者には横領罪が成立し、5年以下の懲役刑を課されます。業務で占有してい […]

  • コンプライアンス

    ■コンプライアンスとはコンプライアンスとは法令に則った経営ないし業務のことをいいます。また定義を拡張して社会倫 […]

  • 職場内のハラスメント対策

    ■企業のハラスメントとはそもそも、企業におけるハラスメントとはどういった種類のものがあるでしょうか。ハラスメン […]

  • パワハラ社員への適切な処分と対応

    近年では、コンプライアンスの重視に伴い、ハラスメントが問題視されるようになってきました。また、2019年に厚生 […]

  • 問題社員を円満に解雇するには

    無断欠勤やハラスメントを繰り返すような正社員を正当に解雇するのは、問題社員といえども、会社にとってはかなり高い […]

  • 従業員から労働審判を起こされた時の対応策・注意点

    従業員から労働審判を起こされたときに、会社側はどのような対応策を取るべきでしょうか。そもそも労働審判とは、労働 […]



星野法律事務所が提供する基礎知識KNOWLEDGE

  • 名古屋市の顧問弁護士...

    顧問弁護士とは、企業と顧問契約をした弁護士のことをいいます。昨今のコンプライアンス化の進展に伴い、ま...

  • パワハラ社員への適切...

    近年では、コンプライアンスの重視に伴い、ハラスメントが問題視されるようになってきました。また、201...

  • 事業承継

    事業承継とは会社を次の後継者へと引き継ぐことをいいます。近年、事業承継は国をあげて対策を取る問題とな...

  • 契約書の内容変更

    企業間のさまざまな契約においては、「以前結んだ契約の内容で不利益をこうむっているため、契約内容を変更...

  • 職場内のハラスメント...

    ■企業のハラスメントとはそもそも、企業におけるハラスメントとはどういった種類のものがあるでしょうか。...

  • 売掛金の回収

    売掛金とは、掛取引により商品を販売した場合の代金を受領する権利のことをいいます。要するに、「ツケ」の...

  • 契約書の重要性

    契約は、「申し込み」と「承諾」により成立する法律行為です。そして、通常の場合、口頭による「申し込み」...

  • 経営改善計画の策定を...

    経営改善計画の策定を弁護士に依頼することにより、経営課題を法的に解決する方策を計画に組み込むことがで...

  • 団体交渉

    ⬛︎団体交渉とは団体交渉は、労働者の団体が、その代表者を通じて、使用者と行う交渉です。団体交渉権は、...

  • 成長性分析とは

    ■成長性分析とは成長性分析とは、「売上高」「経常利益」「営業利益」「総資産」「純資産」「従業員」の6...

よく検索されるキーワードKEYWORD

代表弁護士紹介INTRODUTION

代表弁護士 星野俊治
代表弁護士
星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所属団体

愛知県弁護士会

愛知県中小企業診断士協会

ご挨拶
会社経営では、取引先との契約トラブル、経営権を巡る争い、労使紛争、事業承継問題、税務など、さまざまな問題が起こります。そうした会社経営に関する各種の問題について、専門的立場から適切な対応を助言するとともに、契約書等の法律的な文書の作成・チェック、法的トラブルの未然防止、訴訟対応その他の法的サービスを提供し、企業経営をサポートいたします。お悩みごとがありましたら、まずはご相談ください。

事務所概要OFFICE

名称 星野法律事務所
代表者名 星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所在地 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-9-11丸の内伏見通ビル6階602
電話番号/FAX番号 TEL:052-228-0312FAX:052-228-0313
営業時間 平日9:30~18:30 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ