問題社員を解雇したい!正しい辞めさせ方や注意点を解説 / 星野法律事務所

星野法律事務所 > 労務対応 > 問題社員を解雇したい!正しい辞めさせ方や注意点を解説

問題社員を解雇したい!正しい辞めさせ方や注意点を解説

遅刻や無断欠席などが多い社員や能力が著しく低い社員を解雇したい場合であっても、現行の労働法は労働者保護に重きを置いているため、なかなか解雇することができないイメージを持つ方も多いと思います。
また、違法な解雇をしてしまうと、解雇が無効となってしまい、解雇後の賃金の支払いや慰謝料の請求をされてしまいます。

そこで、本記事では雇用主が問題社員を解雇させたい場合の正しい辞めさせ方、注意点についてご紹介いたします。

 

解雇をする場合には、解雇について客観的に合理的な理由及び解雇が社会的相当性を有することが必要となります。これに加え、雇用主は解雇の30日前までに解雇予告をし、解雇の理由を労働者に示すことが労働法上定められています。解雇の理由については就業規則のどの事由に該当するのかについて示しましょう。

 

また、解雇をする際には、解雇までの適切な流れを要します。
まず、解雇したい問題社員の現状を把握することです。無断欠勤や遅刻などが多い職務怠慢型の社員であるのか、著しく能力が低い能力不足型であるのか、職務に支障が出るくらいのコミュニケーション能力がない非協調型であるのかなど、問題となっている社員がどう状況で、何が問題であるのかについて正確に把握することが今後の適切な対応に関わります。

 

次に、問題となっている状況を雇用主側が作出していないかを検討する必要があります。
例えば、能力不足が問題な社員がいたとしても、会社が過大な能力を社員に求めてしまっている場合などは雇用主側の解雇の判断が誤っている事につながります。

 

雇用主側に問題がない場合には、改善のための注意及び指導を繰り返し行なっていくことが大切です。

雇用主側が注意や改善を求め、指導をしているにもかかわらず、社員の問題行動が解決されない場合には、解雇が認められやすくなります。

注意や指導をする場合には、これを行なったことを記録として残しておくことをお勧めします。

 

問題社員を解雇したい場合には、段階を踏んで会社が解雇に向けて適切な行動を取らないと違法な解雇と判断されてしまいます。

そうならないために、弁護士などの専門家に解雇前に事前にご相談されることも円滑な解雇を実現するための一つの手段です。

 

星野法律事務所では、名古屋市、清須市、稲沢市、北名古屋市を中心に、愛知県、三重県、岐阜県の皆様から、契約書・債権回収・労務対応・経営改善計画等のご相談を承っております。労務対応に関してご不安な方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

星野法律事務所が提供する基礎知識KNOWLEDGE

  • 業務提携契約書とは?...

    一般的に一つの事業を複数の会社で共同して行い、利益を分配しあうことは少なくありません。その際に共同し...

  • 資金調達・資金繰り

    安定した経営を続けるためには、資金の流れの管理、すなわち「資金繰り」が極めて重要になります。いくら利...

  • 売掛金の時効は何年?

    ■売掛金とは売掛金とは、ごく簡単に言えば債権のことを意味します。債権を持っている場合には、債務を負っ...

  • 経営改善計画の策定を...

    経営改善計画の策定を弁護士に依頼することにより、経営課題を法的に解決する方策を計画に組み込むことがで...

  • 消費者問題

    企業が商業活動を行う際、必ず発生する可能性を秘めているのが「消費者問題」です。 例えば、「...

  • 債権回収を弁護士に依...

    債権回収を弁護士に依頼すれば、豊富な知識と経験をもとに有利に交渉を進めることができ、早期の問題解決を...

  • 従業員から労働審判を...

    従業員から労働審判を起こされたときに、会社側はどのような対応策を取るべきでしょうか。そもそも労働審判...

  • 問題社員を解雇したい...

    遅刻や無断欠席などが多い社員や能力が著しく低い社員を解雇したい場合であっても、現行の労働法は労働者保...

  • 名古屋市の顧問弁護士...

    顧問弁護士とは、企業と顧問契約をした弁護士のことをいいます。昨今のコンプライアンス化の進展に伴い、ま...

  • 横領

    ■横領罪自己の占有する他人の財物を横領した者には横領罪が成立し、5年以下の懲役刑を課されます。業務で...

よく検索されるキーワードKEYWORD

代表弁護士紹介INTRODUTION

代表弁護士 星野俊治
代表弁護士
星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所属団体

愛知県弁護士会

愛知県中小企業診断士協会

ご挨拶
会社経営では、取引先との契約トラブル、経営権を巡る争い、労使紛争、事業承継問題、税務など、さまざまな問題が起こります。そうした会社経営に関する各種の問題について、専門的立場から適切な対応を助言するとともに、契約書等の法律的な文書の作成・チェック、法的トラブルの未然防止、訴訟対応その他の法的サービスを提供し、企業経営をサポートいたします。お悩みごとがありましたら、まずはご相談ください。

事務所概要OFFICE

名称 星野法律事務所
代表者名 星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所在地 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-9-11丸の内伏見通ビル6階602
電話番号/FAX番号 TEL:052-228-0312FAX:052-228-0313
営業時間 平日9:30~18:30 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ