自主的なサービス残業も違法になる可能性があるって本当? / 星野法律事務所

星野法律事務所 > 労務対応 > 自主的なサービス残業も違法になる可能性があるって本当?

自主的なサービス残業も違法になる可能性があるって本当?

■サービス残業とは
サ-ビス残業とは、適切な賃金が支払われない時間外労働のことをいいます。例えば、時間外に会社の外で打合せ等を行ったり、自宅に仕事を持ち帰ったりということが挙げられます。時間外労働では、賃金が発生せず、賃金不払いの問題が生じる可能性があります。

このほか、サービス残業を行うことによって、様々なリスクがありますので、注意が必要です。

 

●自主的なサービス残業とは
自主的なサービス残業とは、サービス残業を自ら行うことをいいます。

先に述べたとおり、サービス残業は適切な賃金が支払われない時間外労働のことをいいますが、これを本人の意思に基づいて行うことにも問題があります。

自主的なサービス残業の例としては、持ち帰り残業のほか、始業時間よりも早く出社して仕事を行ったり、就業時間を過ぎてから残業を行う場合に、残業時間を実際よりも短く申告していたりすることも含まれます。これらの問題点は、周囲から正当な評価を受けられなくなることにあります。

ほかの従業員よりも多く働いているということに対して、会社側や職場の上司から良い評価を受けることがあるかもしれませんが、その内実は時間外労働です。

逆に、きちんと就業時間に合わせて働いている人が、勤務時間が少ないように見えてしまい、正当な評価を受けられなくなってしまうおそれがあります。

また、最近では在宅ワークも増えていますが、在宅での仕事の場合には、従業員が自宅でどのように仕事をしているのかを把握することは困難といえます。

就業時間以上に働き、サービス残業をしていても気づきにくい点が問題といえます。

 

●自主的なサービス残業であっても違法になってしまうのか
先ほど確認した通り、自主的なサービス残業は様々な問題をはらんでいます。そして、最悪の場合には、違法なものとして扱われる場合もあります。

その場合、会社が処罰されることもありますので、注意が必要です。

基本的に、残業がなされた場合には、会社側は残業代を支払う義務があります。

したがって、サービス残業に対して賃金を支払っていない場合には、労働基準法に違反しており、違法であるということになります。

サービス残業をめぐっては、従業員や労働基準監督署とのやり取りが必要な場面も出てきます。

そのような場合には、あらかじめ弁護士に相談をし、対応について有益なアドバイスをもらうことをお勧めします。

 

●労務に関するご相談は当事務所まで
星野法律事務所では、名古屋市、清須市、稲沢市、北名古屋市を中心として、愛知県、三重県、岐阜県にお住まいのお客様から、就業規則の策定や残業代の支払い等、労務に関するご相談を幅広く承っております。労働問題についてお困りの際には、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

星野法律事務所が提供する基礎知識KNOWLEDGE

  • 契約書トラブルが生じ...

    契約書は、結んだ契約の内容を証明する重要な書類です。したがって、契約内容について疑義が生じた場合や、...

  • 売掛金の時効は何年?

    ■売掛金とは売掛金とは、ごく簡単に言えば債権のことを意味します。債権を持っている場合には、債務を負っ...

  • 問題社員を円満に解雇...

    無断欠勤やハラスメントを繰り返すような正社員を正当に解雇するのは、問題社員といえども、会社にとっては...

  • 契約書のリーガルチェ...

    取引先との契約するときに契約書を作成することがほとんどです。契約書に沿って取引先との商品引渡しや代金...

  • 経営改善計画の策定を...

    経営改善計画の策定を弁護士に依頼することにより、経営課題を法的に解決する方策を計画に組み込むことがで...

  • 債権回収を弁護士に依...

    法律の専門家である弁護士に債権回収を依頼することには複数のメリットが存在します。 第一に、...

  • 残業代に関する労務

    ⬛︎残業(時間外労働)の条件法律は労働時間の上限を、週40時間かつ一日8時間までと定めており、この制...

  • キャッシュフローとは

    ■キャッシュフローキャッシュフローとは会社に出入りするお金の流れをいいます。お金の流入をキャッシュ・...

  • 売掛金の回収

    売掛金とは、掛取引により商品を販売した場合の代金を受領する権利のことをいいます。要するに、「ツケ」の...

  • 経営戦略とは

    経営戦略は、企業が外部環境の変化に対応しつつ成長・発展できるよう、企業の向かうべき方向性や指針を定め...

よく検索されるキーワードKEYWORD

代表弁護士紹介INTRODUTION

代表弁護士 星野俊治
代表弁護士
星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所属団体

愛知県弁護士会

愛知県中小企業診断士協会

ご挨拶
会社経営では、取引先との契約トラブル、経営権を巡る争い、労使紛争、事業承継問題、税務など、さまざまな問題が起こります。そうした会社経営に関する各種の問題について、専門的立場から適切な対応を助言するとともに、契約書等の法律的な文書の作成・チェック、法的トラブルの未然防止、訴訟対応その他の法的サービスを提供し、企業経営をサポートいたします。お悩みごとがありましたら、まずはご相談ください。

事務所概要OFFICE

名称 星野法律事務所
代表者名 星野 俊治(ほしの しゅんじ)
所在地 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内1-9-11丸の内伏見通ビル6階602
電話番号/FAX番号 TEL:052-228-0312FAX:052-228-0313
営業時間 平日9:30~18:30 ※事前予約で時間外も対応致します。
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で対応致します。

ページトップへ